東大阪 壺内矯正歯科では歯列矯正,矯正治療を専門的に受けていただけます

東大阪市中小阪 壺内矯正歯科

おとなの矯正歯科

大人からはじめる矯正歯科

* 成人矯正は、成長期(こども)の治療に比べると歯の移動速度が遅いため、成人期の治療の方が若干長引きやすいということはありますが、その反面、成人の治療は成長発育が完了しているため歯の移動計画を立てやすいという利点があり、気づいたときがベストなタイミングです。

最近では、大人になってからでも幅広い年齢層において矯正治療を受けて頂くことができるようになりました。
治療内容も多様化して患者さんのニーズにあった方法を選択できるようになっています。

就職活動に向けて、素敵な笑顔のお手伝いします。

* 当院にお越しの患者様で、就職活動に向けて、歯並びのご相談に来られる方が多くなっています。
口元の印象は第一印象で必ず目に入る場所です。素敵な口元で自信を持って笑える様な歯並びにしませんか?是非、ご相談下さい。毎月1回、日曜日診療も行っています。

成人矯正の装置について

矯正歯科Q&A

矯正歯科と審美歯科の違いは?
矯正歯科で歯並び・咬み合わせをきれいにする場合、患者さんの健康な歯を生かすことを最優先して治していきますので、基本的に治療中に歯を削ることや神経をとることはありません。
審美歯科では、差し歯・入れ歯などの人工歯を被せることで、短期間で見た目はきれいになりますが、患者さん自身の健康な歯を削ったり神経をとることをします。
被せた人工歯は、将来的に取り替えが必要となる場合もあります。
気になっているところだけを治してほしい
上下の歯並び・咬み合わせを整えるためには、上下全ての歯に矯正装置を付けて理想的な位置に歯を動かしていく必要があります。
しかし、"短期間で歯並びをきれいにしたい" 、"仕事が忙しくて通院期間があまりない" という方もいらっしゃいます。
このように治療期間に制約のある場合、理想的な咬み合わせをつくることはできませんが、 部分的に装置を付けることで歯並びをきれいにすることは可能です。
但し部分的な矯正の場合は患者様の歯並びの状態により可能な場合とそうでない場合がございます。

まずは御相談の上、診査・診断を行ってから治療をスタートしていきます。
妊娠しても矯正治療を受けることができますか?
可能です。治療自体が問題になることはありません。患者さんの体調にあわせて無理のない範囲で治療を進めていきます。
こんな時には矯正治療が必要であると考えられます。
  • 歯並びに凸凹がある(八重歯も含む)
  • すきっ歯
  • 出歯や受け口
  • 前歯の咬み合わせが深くなっている。または、逆になっている
      *正常な前歯の咬み合わせは、上の前歯が下の前歯に対して
      上下的・水平的に少し(約2mm)被さります
  • 奥歯で物を咬んだとき、上下の前歯に隙間ができる
  • 上下の前歯が左右にずれている
  • 食べ物がよく咬めない
  • 発音しにくい音がある
  • 物を飲み込むとき、舌が前に出てしまう
  • くちびるを自然に閉じにくい
  • 横顔で口元が前に突き出ているように感じる
このような症状がある場合には矯正歯科を受診され御相談されることをお勧めします。気になる症状があてはまる方はお気軽にご相談ください。(相談は無料です)